普通の子がこつこつ頑張る中学受験 | ページ 4 | 幼児期から2028年の中学受験を目指す
教育全般

どうしてお金がかかるの?

息子は幼い頃から私にあらゆる質問をしてきました。そして、それは今でも続いてます。息子の質問に対して、私は可能な限り詳しく答えるようにしています。わからないことや知らないことは正直に言い、可能な限り私が調べて息子にわかりやすく話しています。
教育全般

めんどくさい禁止

我が家ではいくつか禁止している言葉があります。そのうちのひとつは「めんどくさい」です。禁止している言葉については、親も言わないように気をつけています。最近では「めんどくさい」という言葉を、家の中で聞くことはなくなりました。
教育全般

今年の抱負

あっという間に2022年が終わり2023年になりました。反抗期前のかわいい息子と一緒にいられる期間がどんどん残り少なくなっていると焦る気持ちでいっぱいです。息子と一緒に遊びたいけど、息子の将来のために勉強もさせなければいけないと、私の気持ちは常に板挟み状態です。
教育全般

あっという間

年をとるほど、年月が過ぎるのが早くなると感じています。小学校の頃はあれほど長く感じた夏休みも、大人になると一瞬で終わりました。そして、もうすぐ2022年がが終わろうとしています。子供が大きくなるのは、本当にあっという間だと感じます。
教育全般

習い事のスケジュール

ブログには書いてませんでしたが、息子が小学生になってから習い事をひとつ増やしました。その習い事は、親として子供にどうしても身につけて欲しいものだったので、習わせるなら今しかないと思い小学校に上がったタイミングではじめました。だから今はサピックスを含めると、全部で4つの習い事をしていることになります。
中学受験

育児は育児書どおりに行かない

生まれる前に育児について育児書で勉強したけれど、育児書どおりにはいかなかったという話をたまに聞きます。個人的に、そうなってしまうのは育児書だけで勉強していたからではないかと思います。育児書には育児に関する基礎知識が載っているので、事前に知っていれば役立つことも多いです。
中学受験

子供が親のために勉強すること

たまにインターネット上で「子供は親のために勉強してくれている」とか「親が喜ぶから勉強している」というコメントを見かけることがあります。確かに幼い子供が、自ら自分の将来のために勉強するのは難しいかもしれません。でも個人的に、この考え方は少し危険だと感じています。
教育全般

発達障害だから

発達障害だから、他の子よりも苦手なことがあるのは仕方ないのかもしれません。だけど「子供だから仕方ない」と一緒で、迷惑かけた側の親が「発達障害だから仕方ない」と言ったり、周りに配慮を求めることには違和感があります。
教育全般

旅行までの時間を計算

先日息子と夫が歩いている時、息子が旅行までの日数を、なぜか秒で計算して出していたそうです。ちなみに答えは1桁間違っていました。やはり数が大きくなると頭の中だけで計算するのは難しいようです。
中学受験

中学受験 国語力5000

少し前から息子の語彙力強化のために「中学受験 国語力5000」というアプリを、たまに使っています。こちらは四谷大塚のアプリで、四谷大塚の塾生でなくても入門編の1000語までは使うことができます。あとの4000語の部分を使うためには、四谷大塚に入塾する必要があります。
タイトルとURLをコピーしました