普通の子がこつこつ頑張る中学受験 | ページ 3 | 低学年からSAPIXで2028年の中学受験を目指す
幼児期の取り組み

予習シリーズ週テストでの大失敗

少し前にある重大なミスに気付きました。それは、ある日のこと、これまで、あまり見ていなかった予習シリーズの5年上週テストの説明を読んでいた時のことです。そこには「算数 50分/100点」の文字がありました。
幼児期の取り組み

勉強の主体性と遊びの強制の矛盾

ネットで、子供の主体性を大切にすべきと常々語られている教育関係の方がいます。だけど、この先生、展開図が弱い子に対して、折り紙してあそんでないんじゃないかとか、でんぐりがえりしてないんじゃないとか、まるでそれが悪いことのように言われています。
教育全般

子供の将来の年収

以前、SNSで子供に30代前半で年収1000万以上になって欲しいと言われている親御さんを見たことがあります。親御さんは自分の年収を子供に超えて欲しいと考えられているようでした。子供の幸せを願う際、それなりの収入を得て欲しいと思うのは当然だと思います。
教育全般

嫌いな先生がいない

以前、サピックスの帰りに、子供が、近くにいた親御さんに「ぼく、あの先生大嫌い!」と大きな声で言っているのを見かけました。子供によって、先生に対する好き嫌いはあって当然だと思います。子供によって、先生に対する好き嫌いはあって当然だと思います。
教育全般

あとから思うと発達障害

発達障害って、幼い頃から症状が出る場合もありますよね。例えば、クレーン現象とか、言葉が出るのが遅いとか、他にも発達が周りの子と比べて遅い子はいると思います。だけど、それだけで、発達障害だと決めつけるのは違う気がしますし、逆に安心するのも違うと思います。
中学受験

中学受験まであと4年

今年もまた2月1日を迎えました。今年受験の子供達が何事もなく、無事に受験を終えられるように祈ってます。そして、息子の受験もどんどん近づいてきています。まだ4年もあると思う人も世の中には多いと思います。ただ、学校行事や学校の宿題、習い事、おでかけや旅行のことも考えると4年というのは案外短いものだと思います。
幼児期の取り組み

前受け校の1勝の重要性

前受け校 所謂、前受け受験といわれる埼玉や千葉の受験も終わり、明日はいよいよ本命校を受ける生徒も多いと思います。 これまでに、埼玉や千葉で合格を手にしている子もいれば、いまだどこにも合格していない子もいると思います。 た...
中学受験

偏差値高いのにもったいない

偏差値高いなら 以前、ネットで見かけた話ですが最難関の国立大学を卒業した親御さんが、知人の子供が高偏差値だけど大学付属校中学を目指していることを聞き「もったいない」と感じられたそうです。 中学受験では、多くの親御さんが子供によ...
教育全般

ギフテッドの上辺の才能

未来のエジソンやアインシュタイン 以前、「ギフテッドを特別視することの弊害」でも書いた民間でのギフテッド教育で先行したNPO法人翔和学園ですが、ギフテッドの教育に挫折した理由は他にもあったようです。 もともと翔和学園は「IQの...
中学受験

地理も大変そう

もうすぐ3年生なので、息子も都道府県などの地理もそろそろはじめていこうと思っています。本当は2年生からやる予定でしたが、予習シリーズの算数に時間をとられすぎて、全く進んでいませんでした。使っているのは日能研の「白地図作業ノート」です。
タイトルとURLをコピーしました