サピックスの低学年は募集停止校舎が多い | 普通の子がこつこつ頑張る中学受験

サピックスの低学年は募集停止校舎が多い

夏期入室テストの告知

サピックスから配られる進学情報誌「さぴあ」の最後に5月15日の夏期入室テストの告知が出ていました。

申し込み開始日は4月25日なので、既に申し込みが始まっているようです。

ただサピックスの募集停止校舎一覧を見ると、現時点で1年生の募集が再開されている校舎は2校のみのようです。

1年生はもともと定員が少ないので、募集が再開されにくいのかもしれません。

2年生や3年生を見ても、再開している校舎のほうが少ない状況です。

4年生以上と比べて、低学年は募集停止校舎の割合が高いと感じます。

>> 息子のプロフィール

募集の再開時期

いまだに全学年で募集を停止している校舎もいくつかあります。

ただサピックスの時間割を確認すると、学年が上がるほどクラス数が増えているので、遅くとも学年が上がるタイミングでは募集が再開されるのだと思います。

それでも入室テスト対策は入念にしておかないと、一度入室テストに落ちたら、校舎によっては次に入室できるチャンスが、半年後や1年後になってしまう可能性もあります。

普段どんなに勉強ができる子でも、テストに不慣れな子の場合は本来の力を発揮できないこともあります。

どうしてもサピックスに通いたくて、希望の校舎が募集停止になりやすい校舎の場合は、子供を入れたい時期よりも少し前に入室テストを受けたほうが良いと思います。

サピックスの電話窓口の対応

私は息子が年長になってすぐの頃に、電話でサピックスに入室テストの時期を問い合わせました。

電話窓口の対応はとても丁寧で、いつ頃にテストがあって、いつ頃にテストの申し込みが開始になるか事前に教えていただきました。

ちなみに去年の新1年生の入室テストは秋以降に2回行われました。

合格規準点は低いですが、算数はひねった問題も多く、国語は文章読解の問題も出たので、しっかり準備していかないと低学年でも落ちることはあると思います。

息子の入室テストの詳細については「サピックスの入室テスト」 に書いてます。

申し込み開始後は早めにテストに申し込まないと、定員に達した場合、テストに申し込めなくなるそうなので注意が必要です。

サピックスや校舎にこだわりがある人ほど、早めに動いたほうが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました